« ワールドグランプリ その7 | メイン | Superfly・・・ »

ワールドグランプリ その8(終)

さて、最終戦の対USA—。

この試合は、何よりも以前一緒に過ごしたことのある"ミスター・バレーボール"ことカーチ・キライ氏がコーチとしてベンチにいましたね—。


彼とは、2003年のお台場ビーチバレーで彼の通訳(兼付き人?)で親しくさせてもらいました。

オレが目指していた海外について、非常に真剣に聞いてくれて、応援してくれました!


そのときに彼からもらった言葉・・・


"Reach for the Stars, Yuta!"

死ぬまで忘れない言葉です・・・。


これは、Webサイトの"アスリートと英語 "という取材の中でも答えましたが、彼からの言葉だけに、非常に心に響きました—。

そんな彼がUSAの女子チームのコーチ・・・。


試合をTVで観ていましたが、まったく危なげない展開でしたね。。。

もちろん日本を応援してはいましたが、どうしてもUSAのバレーというものを興味深く観てしまいました。

USAは全勝優勝! まぁ実力どおり・・・といった感じですね。


これからまだまだUSA女子は強くなりそうな・・・そんな予感がします!


日本も、サーブレシーブの返球率を上げるだけではなくて、もっともっと攻撃力を上げてほしいですね!