« 戻ってきました! | メイン | ワールドグランプリ その2 »

ワールドグランプリ〜女子〜

女子のワールドグランプリ—。

久しぶりに観ました!


今回の登録選手の中で、オレが注目している選手が・・・迫田(さこだ)選手

彼女の良さは何より、"思い切りの良さ"でしょうね。

"高いトスを打てるアタッカー"でもあり、今の日本には絶対に必要だと思います!

たしかに、"Aパスの精度を上げる"ってことは十分わかりますが、相手があってのことですから、完璧なんてまずあり得ません。。。

"完璧を目指すこと"って当然のことですが、同時に崩れたときのことも想定しておかなければいけません。

そういうときに、迫田選手のような高いトスを打ち抜けるアタッカーは、チームにとって、非常に力強いことだと思います。

竹下選手とセンター線のコンビに関しては、絶対にAパスが必要です。

それに絡んでくる時間差、高速バックアタック・・・これらもAパスがあって成立することです。


チームの中心は、どう考えても木村選手だと思います。

荒木・栗原両選手がケガをしてしまっている現状で、精神的にも柱にならなければいけない選手だと思ってます。

竹下選手のセッターとしての安定さはさすがだと思います—。

ただ、彼女の"後釜"が気になります・・・。


オレ個人的には、ぜひ"大型セッター化"を目指してほしいです!

今大会では、結果も出てるし(勝ってるし)、迫田選手にとっても"自信"に繋がるんじゃないでしょうか・・・。

これからの選手として迫田選手には、ぜひ全日本のエースとして打ち続けてほしいですね!