« 2010年の抱負。 | メイン | 花粉症!? »

ばぁちゃん。

私事ではありますが、


先日、90歳の祖母が他界いたしました—。


自分が生まれてからずっと一緒に生活し、時には母のように面倒をみてくれてた分、悲しみは誰よりも強かったです・・・最期はさすがに崩れ落ちてしまいました。


ここに来てようやく立ち直ったような感じですが、まだいまいち・・・って感じです。


ただ、ばぁちゃんも自分の今の凹んでる姿なんて望んでないだろうし、早く今までの自分に戻りたいとは思ってるんですけどね・・・なかなか。


90歳という年齢を考えても無理もないのかもしれませんが、
それにしても"大正〜昭和〜平成"と激動の時代を生き抜いてきたばぁちゃんはすごいと思うし、自分にとっての誇りでもあります。


当然ですが、朝と夜はいつもばぁちゃんに手を合わせています—。