« 深イイ話・・・。 | メイン | KYOEI 〜春日部共栄〜 »

価値・・・。

海外へ出ていく選手が多くなってきたさまざまな競技—。


昨日、ある女子選手(20代)から海外についての相談を受けました。


その選手は日本ではトップリーグで活躍していた選手で、海外も数年経験していました。


話を聞いてみると、"再度海外へ・・・"という強い思いがあるようで、その部分は自分も非常に共感できました。聞いてて自分まで嬉しくなるほどでした。


選手としての寿命はホントに僅かなもので、ある一定の年齢まででないと・・・っていう気持ちもわかります。
ただし、その選手には日本での受け入れもあるようで、その間で悩んでいるような感じでした。


自分からの最終的なアドバイスはただ1つ・・・。

"オレが考えるに、選手っていうのは必要としてくれているチームでプレーすることが一番だと思うよ!"

これだけ。


たしかに海外は魅力あるし、今は以前よりも全然近い存在になってきているし、行く"価値"は絶対にあります。


はっきりいって海外に行った者にしかわからないことだらけです!


「海外のリーグでプレーしてた!」っていうと、言葉的な響きは非常にいいし、それに憧れる人も多いかとは思いますが、その反面、海外生活において環境や言葉など厳しい現実・不便なことが多いのも事実です。

環境に適応する能力がすべてだと思うし、それがあってのパフォーマンスですからね・・・。


その選手も数年海外でプレーしてきたわけだから適応能力は高いとは思います。


ま、それも全てひっくるめて"価値がある"わけですけどね・・・。

そして、


海外でプレーすることが必ずしも一番正しい選択だとは思いません。

★何のために海外へ出てプレーするのか。


★日本でオファーがある状況も考えて、果たしてどっちの選択がその選手にとってプラスになるか・・・。

いろんな自分なりの経験や考えをまとめた上で、その選手にアドバイスさせてもらいました。

最終的にどういう決断をするかは本人自身ですから、一概に「こうしろ!」とは言えません。


その選手の人生を勝手に決めることなんてできる資格も権利もないんですからね・・・。


でも今回は自分としては非常に嬉しい相談でした。


その選手とは今回初めて話をさせてもらいましたが、今後応援したいと思うし、できるだけの協力もしていきたいと思ってます!


何より、こうやって相談してきてくれたっていうことが嬉しく思いました。

こういう考えの選手ってトップリーグに限らずた〜くさん存在していると思います。

そういう相談にはなるべく乗っていきたいと思ってます(本気の人に限りますけどね)。

自分の場合は、"自分が選手として生きていけるための選択"だったわけですが、もし国内のチームからオファーがあったらまた違った選択をしてた・・・かもしれませんね。


ただ自分は結果的に海外にいた頃が一番"自分らしかった"と思ってます。

単に海外(ヨーロッパ)が合ってたのかもしれません・・・。


ということで、今回は非常に有意義な出来事の報告でした!