« 新世代! | メイン | 再度、韓国戦! »

Brasil戦・・・。

今日から韓国ラウンド—。

そして今日の試合は、今世界最強のBrasil・・・。
Brasilは、どのスポーツでも強いし、どのスポーツでも第一に"国のため"っていう愛国心が非常に強いっていうイメージがありますね。


とにかく前半はBrasilの戦略勝ちですね。代表的なのがサーブでした。
栗原選手の状態は、はっきりいって良くはなかったですね・・・。
アタックを見ても、ほとんど振り切れてない・・・毎度のことですけど(苦笑)
狩野選手と比べると、よ〜〜くわかります! 狩野選手のスイングはホント見本としてほしいです。

1セット目の途中で栗原選手を外し、狩野選手を投入したのは、間違いなく自分でもそうします!

気になるのは、竹下選手のトス回しがほとんど読まれているんですね。普段控えの岡野選手を先発させても、結構面白いと思うんですけどね・・・相手のデータはリセットされますからね。
同時に、谷口選手の起用もも〜っと増やしていいと思います。


日本との大きな違いは、Brasilのアウェーでの強さですね。
いつも何十時間もかけて来るわけですからね・・・頭が下がります。


ブロック—。

・・・前へ出す必要があるのか、個人的には疑問です。
Brasilと同等の高さで勝負できるのであれば、前へ出して、あとはタイミングだけだとは思いますが、今のところダントツに差があります。
であれば、まずはタッチできるように前ではなく、手のひらを上に向けて確率を高めるか、もしくは、ちょっとネットから離れて跳んで手のひらを上・・・どっちかでしょうね。
でも、それも"戦術"です。


1本目が良くても悪くても、セッター竹下選手から上がるトスが全体的に近いし、トスの回し方も読まれてましたね・・・。
新しいアタッカー陣を揃えても、セッターが変わらなければ、結局は同じ攻撃パターンになってしまうんでしょうね。メンツが違うだけで、今までのバレーとあまり変わってなかったですからね・・・。

対するBrasilのセッターは、若いのにあのハンドリング・・・男子みたいでしたね!
完璧なバレーではなかったかもしれないけど、速さとパワーはホント世界一って感じでした!
カウンターアタック(レシーブからの切り返し)で、3〜4箇所から攻撃できるんだからセッターは楽しいでしょうね。


ただ、Brasilだけに限ったことじゃないんですけど・・・、

海外の選手って、ある意味"キレやすい"んです・・・自分のミスでも審判のジャッジ1つにしても。
誰がどう声をかけても、しばらく自分の気に入るプレーができるまで続く選手が多いのは事実です。

ぶっちゃけ自分も海外へ行った当初は、何より"一番の悩み事"でした。
1年目の途中からは染まっちゃって自分もキレやすくなってた・・・のかな?(苦笑)

逆に勢いに乗ると、手がつけられないぐらい凄まじいプレーもしてくれるんです!
好不調の波は超〜激しいです・・・はっきりいって!

それが今日のBrasilの3セット目でした。


そんなわけで、明日は再度"韓国戦"です—。
気持ちを切り替えて、善戦じゃなくて、アウェーでも勝ってもらいましょう!

では、また・・・。