aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月 アーカイブ

2009年07月03日

自分の中での変化・・・。

トレーニング続きで筋肉痛だらけのYutaです・・・(苦笑)

ここ最近は、バレー界にいろいろと話題が出まくってますね・・・。


女子の高橋みゆき選手が現役引退し、キャスター(?)へ転身、そして男子の越川優選手がサントリーからItaliaへ移籍・・・。
同世代だと、元全日本の加藤陽一選手がJTを退団し、移籍先を模索中。
France繋がりだと、Cannesでプレーしていた元全日本リベロの井野亜希子選手がNECへ移籍。

などなど、バレーに携わる全ての選手・関係者の方々へ新天地での活躍を期待したいと思います。


バレー界も、明日は"ワールドリーグ"の日本での試合がありますね。

若い選手のはつらつなプレーは、非常に将来性を感じさせられます・・・このまま続いてくれることに期待したいと思います。
特にオポジットの清水選手(ゴリ)やサイドの福澤選手、そして潜在能力の高い古田選手・・・彼らの初々しさや雰囲気は非常に観ている者を楽しませてくれます。
若い分、たしかにミスもありますが、とにかく彼らを"器用し続けること"が今は大事なんだと思います。
彼らの活躍で勝てばそのまま自信に繋がるだろうし、負けても彼らにとって勝つこと以上に大きな経験になると信じてます。

まぁ観てる側としては、「(どんな試合でも)勝ってほしい」というのが本音ですけどね・・・(苦笑)


でも、こうやって若手の選手がどんどん出てくるたびに、改めて自分たちが歳を重ねてきているっていうのがはっきりわかりますねぇ・・・(からだ自体は現役時代よりも良くなってるんだけどなぁ・苦笑)


話題は変わって・・・、


前回のブログどおり、参加した一般クラブの大会で感じたことは、クラブでやっている全ての人たちが、ホントにバレーが好きなんだなぁ~と思いました。
(自分も含めて)バレーを仕事でやっている、もしくはやってきた選手っていうのは、やらなければならないことで、仕事(プロ)としてやっているけど、一般で大会に参加されている人たちって、毎週仕事終わりに練習して、日曜日に大会に参加して・・・っていう感じがほとんど(休める日をあえて使ってるんだもん)。

練習場所の確保、大会への参加費、登録費なんかも彼らで集めてやっているようです。

そう考えると、自分もそうだったけど、一線でバレーができる環境にいられたってことだけでも感謝しなければいけないんですよね。

海外でやってた頃も全く同じことを感じましたが、日本でこうやって感じられるってことは・・・・・・。

こういうクラブで練習に参加させてもらってると、競技者として"勝敗に拘りたい気持ち"もたしかにありますが、それとは別に、新たに"仲間とバレーを楽しみたい気持ち"も今の自分には存在しているっていうのも確かです!

ま、"楽しさ"っていう意味合いが非常に難しいんですけどね・・・(笑)

ちなみに・・・、自分の中での本当の意味での"楽しい!っていう気持ち"は、以前にも書いたとおり、"結果が出て感じられること"だと思っています。


ということで、次回も長文を書くぞ~っと!(笑)

2009年07月04日

KEBAB再来! (^^)v

ここ最近、どのタイミングで洗車したらいいのか・・・・・・まったく天候が読めないですね。

悩んだ末・・・・・・思い切ってトレーニング終了後、ついに洗車決行!


1時間後、ようやくキレイな車になって戻ってきてくれましたとさ。


めでたしめでたし・・・(笑)


  ~~~~~~~~~~~~~~~


最近、オレの大好物のトルコ料理"KEBAB"が再来!!!

うちの近くで食べられるようになったんです! 食べたのってDenmark以来だったかな・・・。

それ以外にも、シンガポール料理、タイ料理なんかも・・・オレ的には最高の出来事です。

「Franceにいる頃は、毎日といっていいほど練習後にKEBABを食べてたなぁ~」なんて思い出してしまうほどです。

ちなみに自分のお薦めは、"チキン(鶏肉)"のKEBABです。

皆さんもぜひ! 絶対に美味しいですから・・・Franceの方が安かったかなぁ?な~んて思ったりもしますけどね(苦笑)


なんかまとまらないですけど・・・今回はバレー以外で書いてみました。

長文にはならなかったですね・・・次回に持ち越しってことで(笑)

ではまた。

2009年07月06日

日本人アスリートの挑戦!

全日本の越川選手が、Italia・セリエA2への移籍を発表しましたね~。


日本で彼を応援している方々にとっては、彼のプレーを生で観られなくなることは非常に残念かもしれませんが、彼自身、そして日本男子バレー界にとっては間違いなくプラスになると思います。
今回の越川選手の移籍は"完全移籍"・・・バレーをはじめ、生活全てが遠征時とは全く違います。
でも、彼にとって全てがプラスになると思います。


きっと「日本はバレーに関する環境に関しては世界でも優れている」と感じるんでしょうね・・・。
バレーのレベル自体はケタ違いにItaliaの方が上かもしれませんが・・・A2はA1と同様、世界中から優秀な選手(ナショナルチームの選手が中心)が集まってくるレベルですからね。


これは、バレーのレベルとかそういうことではなく、海外生活を経験した者にしかわからないことだと思います。
普通に考えて、日本で生活してバレーしていた方が絶対に楽なはずです。


"言葉"にしても、滞在にしても、自国であれば迷うことも悩むこともありません。
海外において、誰もが避けて通れない、何より悩む問題は・・・"言葉によるコミュニケーション"ですかね。
当然のことですが、"選手・監督との会話"は絶対に必要なことですし、海外の場合、自分の意見はどんどん出していかないと、"存在感"を消されてしまう可能性もありますから、彼の課題の一つになるんでしょうね。最低限、英語は必須ですね・・・。
日本のように、「偉そうに・・・」とかヘンな上下関係は全くないですから、どんどん自分の意見はぶつけていった方がいいと思います。


すべてにおいて、今まで"日本での普通"が、これから海外では普通ではなくなってきます。

今回の越川選手は、自分が出場できる可能性があるチームを選択・・・それがセリエA2という結論だったわけですよね。
個人的には、素晴らしい選択だったと思うし、彼のモチベーションであれば、きっと日本では経験できない"何か"を持ち帰ってきてくれることと期待しています。
サーブ1本にしても、サーブレシーブ1本にしても、彼は彼なりに学んで帰ってきて、日本の選手へ伝えてくれるでしょう。

今回の越川選手の移籍には、自分も何故かすごく興味があるし、期待してます!


ん・・・・・・今夜NHK総合(1ch)で、"スポーツ大陸・田臥勇太選手"を放送しますね~。

彼も海外NBAに挑戦することに拘ってますよね。同じ名前(Yuta)だけに非常に注目しています(笑)
ま、ゆっくり観ようと思います。


これからも、日本人スポーツ選手が海外へ挑戦していくことを陰ながら応援していこうと思います!

2009年07月09日

シュラスコ!

今日は、いつもどおりトレーニングを終えてから、うちの近くに新しくできた"Brasil料理"を食べに行っちゃいました―。
先日はTurkey料理のKEBABでしたが、今回は南米Brasil!

ここの店員さんは、日本語を流暢に話すブラジル人・・・ポルトガル語も少々教えてもらいました。

店内は超キレイで、何気にシックでオシャレ!
このお店では、LunchでもDinnerでもビュッフェスタイルなんです!
ビュッフェだと味がいまいち・・・なんて場合のお店もあるけど、ここに関してはいきなりハマってしまいました。

ところで、タイトルでもある"シュラスコ"とは、サーベルみたいなで~っかくて長~~い串に刺さってる肉のこと(だと思う)・・・で、皆さんも一度は目にしたことがあると思います。
それを、気さくなブラジル人の店員さんが出来立ての肉1種類ごとにテーブルを回ってきてくれて、欲しい肉を目の前でカットしてお皿へよそってくれます。

このお店には12種類の肉がありました。肉メニューは下記のとおり ↓

コブ肉 (セブ牛のコブの中の肉)
フィレ (肩ロース)
サーロイン
トップサーロイン
クステラ (牛のあばら肉)
マミーニャ (サーロインの下の部分)
ガーリックステーキ
豚バラ
チキンのベーコン巻き
ハツ
豚のソーセージ
ラム肉

おすすめは"ラム肉"だったかな・・・Franceの頃から好きになってます。

シュラスコ以外にも多くのメニューがありましたが・・・ほとんどのメニューにハマっちゃいました。マジ美味かったぁ~!


今回初めてBrasil料理ってものを食べたけど、ホントに美味しかったです!
「また来ます!」って思わず・・・日本語で(苦笑)
今度はポルトガル語で会話できるように勉強してみようかなぁ・・・なんて思っちゃうほどです。

いろんな国の料理を食べるのも楽しいもんです、はい(笑)


ただし、固形チーズや乳製品が丸出しのモノ(ピザやグラタン、ドリアなどのとろける系以外)は、ちょっとヤバイっすね・・・いつまで経っても苦手なモノは苦手です。
Franceに3年もいて・・・甘いモノはだいぶ食べれるようになったけど、乳製品だけは一切口にしてないしなぁ。
で、最近ちょ~っとずつ克服し出したのが"ヨーグルト"です。絶対条件は"果実入り"です!
プレーンはまだ・・・・・・ダメです・・・(苦笑)


さ~て、今度はどの国の料理を食べに行こうかなぁ・・・。
ってことで、次回もお楽しみに~!

2009年07月11日

"ある人"のおかげで・・・。

近々、久しぶりに会える人がいます―。


その人は元Vリーグ、そして全日本選手で、ぶっちゃけ中学~高校時に憧れてた選手でした。
時を経て、直接会ったのは2003年、France1年目から帰国してて、あのカーチ・キライ選手(アメリカ)の通訳・お世話係をしていた"お台場ビーチ"の会場でした。

いつも笑わせてくれるけど、『ホント、バレーが大好きなんだなぁ~』って思える人です・・・当時も今も。

それ以降、都内で1回だけ会ったことはありますが、ホント超久~しぶりに会うことになります・・・4~5年ぶりぐらい・・・・・・か。

現在は指導者となり、チームを一生懸命指導されているようです。見習わないとね!


まだFIVBの資格を完全に活かしきれてないかもしれないけど、その資格を取りに行った2001年、ThailandのBangkokで2人のBulgaria人講師とインストラクターから受けた講義・実技は決して忘れてないし、忘れちゃうような簡単なものではありませんでした。当時の自分が持っていた考えを覆されるものばっかりで、かなり強い刺激を受けました!

それらが自分の今の指導方法に活かされていることは間違いありません!


海外でコーチングを経験してきたけど、ただチーム側から依頼されてたからやってきたわけではなくて、自分自身勉強のつもりでもありました。
教員を続けていたら、顧問という形で自分の指導歴も同時に長くできたかもしれません。
でも当時の自分には、"世界ってどういう指導をしてきてるんだろう・・・?"って思うこともありました。
日本のように・・・何時間も徹底的にやってるのか、選手(生徒)が失敗した時やうまくできない時の支援・助言方法ってどうやってるんだろう・・・などなど、疑問に思うことは多く、それらすべてを"知りたい!"って思うようになりました。

そういうのって解決していかないと気がすまない性質なんで・・・(笑)


海外(特にFrance)では、日本のように『こうしなきゃいけない』とか『監督・コーチの言う事は絶対』っていう"100%依存性"はまったくなく、選手なりの考えが監督やコーチの指導法と違っても、選手は主張し続けます。逆を言えば、選手は自分の意見に対して完璧に理論的にもしっかりしてるってこと・・・つまり"本気"なんです。

たぶん、どのスポーツでも日本とは大きな違いはあるはずです。

日本にある"上下関係"って、たしかにあった方がいいと思うこともあるし、それに慣れてる自分らにとっては"ごく普通"のことかもしれませんが、スポーツ(特に競技)の場合、時として"弊害"となってしまう場合もあると思います。
日本の場合、学生の時期って小学校は6年間、中学・高校は各3年間、大学は4年間と期間が決まっています。
そこで、監督の考えや指示だけを忠実に守ってプレーして、もし試合に負けたりなんかしたら、ただでさえ少ない大会で悔いが残っちゃうと思うんですよね・・・。
自分の考えでは、"監督(先生)のためのチームじゃなくて、あくまでも学生(児童・生徒)のためのチーム"っていうことです。


運がよく、自分は選手としても指導者としても海外で経験できたことで、自分の中でひと回りもふた回りも大きくなれたと思います。日本のトップレベルで経験できなかった分、海外は自分にとってホントかけがえのないものとなりました・・・バレーも、バレーで作ることができた友人たちすべてが"財産"です!

何だかまとまらないけど、こういうことを改めて考えたのは、その"ある人"と話をしてて感じたことです。

バレーで生きてる人から話を、バレーで生きている自分が聞ける』っていうこと自体、非常に幸せだと思うし、貴重なことだと思ったので、自分の経験や考えを交えて長々と書いてみちゃいました・・・。


そんなわけで、また次回・・・。

久々のコーチング

今日は大学生と一緒に練習してきました―。

大学生といっても地元の大学生で、バレーが好きな奴らとやってきました。
レベルが云々じゃなくて、とにかく『うまくなりたい!』っていうメンバーだったので、教えてても楽しかったし、吸収も思った以上に早く、非常に満足のいく練習でした。
彼らがどう思ってくれたかはわかりませんが、自分たちがうまくいく感覚はあったと思います。

1人の学生がこういうことを言ってくれました。
「今まで聞いたことも、やったこともないようなことを教えてもらいました・・・」

非常に嬉しい言葉でした。
自分が思うようなスタイルに変えるのではなくて、1人1人の"個性"を保ったままの状態で形にしていくっていうやり方が彼らには良かったのかもしれません・・・。
たった1~2cmっていう差が、彼らには効果があったようです。
特に自分はセッター出身だったため、セッターの学生には多くのことを教えました。
必ずしも"相手を振る"必要はなく、心理的に相手を迷わすような動きやトスの回し方をいくつかアドバイスしてみました。
べつに"スパルタ"っていうわけではなく、今の学生に合った内容・雰囲気を作ってやってみました。

ホント、きっかけってほんのわずかなことであって、何もかもを指導者流に変える必要はないし、そうすることによってチームの仕上がりって遅くなりますよね。それが中学生だったら、まだ可能性は大きくなるのかもしれませんが、学生や大人になると、自分の今の形を長所として活かしていくほうが、いろんな面で良いのかもしれません・・・あくまでも"絶対"ではなく"可能性"の問題ですが。


何かマジメだなぁ・・・最近(苦笑)


今まで、いろんな人たちを頼って、その人たちにホントにお世話になって、今日の自分を作り出してもらいました。
今度は自分が若い選手たちに力を貸す立場になっているんだと思います。
自分の場合、気持ちさえ強く持っている選手であれば、誰でも受け入れるつもりです。
自分なんかじゃ、たいして大きな力にはなれないかもしれないけど、その選手の成長を思うことが一番大事なんだと思っています。その選手が少しでも巧くなって、バレーを好きになってくれさえすれば、どういうレベルの選手でも構わないと思っています。
まさに、"好きこそモノの上手なれ"ってことですよね。


やっぱりトップのレベルでできる選手って限られてしまいますが、そこを目指すことってものすごく必要だし、大きな成長を生むと思います。
目標や夢って、こっちが作り出すことじゃなくて、選手自身が描くことです。そのための助言や支援しかこっちはどうやってもできません・・・。

今日の練習をどういう形で彼らは捉えてくれたのか・・・今後に期待していきたいと思います。
お疲れさまでした!


またこんな遅い時間の更新になっちゃったか・・・(苦笑)

次の更新は、久々に(?)"aspotaクエスチョン"に答えたいと思いま~す。
ではまた!

おやすみなさ~い・・・・・・zzz。

2009年07月14日

Peugeotで・・・!

愛車"Peugeot"(プジョー)で初めて長距離を運転してみました―。


長距離っていう感覚は人それぞれだと思うけど、今回は埼玉県~愛知県(岐阜側)までの距離でした。
最初、東名高速で行こうかと思ったんだけど、いろいろと考えた結果、中央道の方から行ってみました。


今回ホントに急だったんだけど、"善は急げ"的な考えで突発的な行動になりました。
先週末に行くって決めて、昨日ですから・・・。

昼過ぎに着く予定だったんだけど、予想以上にスイスイ・・・結局着いたのは10時過ぎ・・・早っ!

"バレー関連"っていえばそうですが、いろいろな人にバレーについて聞いてみたかったし、前回のブログにもあるように、"ある人"に会って、高いレベルでのバレーについての経験を含めた話を聞くことで、自分に少しでもプラスになるんじゃないかなぁって・・・。
昨日しか時間が取れなかったっていうのも理由の1つです。

以前にも話はしたことあるんですけど、それ以来だから何気に4~5年ぶり・・・。

指導者として考えていること、現状などを結構長い時間話すことができたので、自分自身、勉強にもなりましたし、楽しい時間になりました。
自分が今まで選手としてやってきて得た理論、FIVBの資格を取得したときに得た知識、そしてさらに、トップレベルで選手としてやってきた選手から直接聞いた話・・・どんどん自分の中で濃いものになってきています。
これらをいつか開花させられる時期が来ることを切に願っています・・・。


それにしても、中央道ってあんまり通らないから、景色も結構楽しみながら移動できました。
首都圏を過ぎてからは山梨~長野~岐阜~愛知っていうルートでドライブしていきましたが、兵庫県に住んでいた頃に一度通ったことがあっただけで、記憶としてはかなり薄いものでした。
大学の同級生(親友)が長野・飯田に住んでて、そこには何回か遊びに行ってるので、そこまでは記憶はありましたが、それ以外はあんまり・・・というレベルです。
朝の段階では、あんまり天気も良くなく、諏訪湖に関してもちょっと曇っていましたが、それでも景色は最高でした。


時間を惜しまず、いろんな人に会って刺激を受ける・・・。

これが現段階での自分の目標です。

自分にとってプラスの刺激を与えてくれるような人って大事にしたいし、またそれを別の相手にプラスになるように提供していけたら最高ですね。

2009年07月22日

いろいろ・・・。

今日は、TVも街中も"皆既日食"で話題は持ちきりでしたね―。

ちなみに自分は見ましたよ・・・TVで(笑)
我が埼玉県では75%しか隠れなかったから、そんな暗くならなかったし、何よりあんまり天気が良くなかったから・・・。
実物の"ダイアモンド・リング"を見たら感動なんだろうなぁ~。
日本では26年後・・・来年だとイースター島で見れるのか・・・なるほど(苦笑)。

そんな中・・・、

高校野球の埼玉県大会が連日放送されていますが、今日は優勝候補の高校が敗れるという波乱がありました。その高校に勝利した高校もまた優勝候補・・・。決勝で当たってもおかしくない好カード!
我が春日部共栄高校は、昨日コールドで勝利!

期待してますよ・・・今年も。いざ、甲子園!!!


今日もいつものとおりに明るいうちにトレーニングしてきて、夜はバレーの練習をしてきました。

まぁ、夜だっといっても暑いね・・・半端な汗じゃなかったし、暑さで体力を奪われるし。
バレーって室内だから余計にね。
でも、トレーニングの効果があってか、疲れって残らないし、やってても全く疲れないんだよね~。この歳(ほぼアラフォー)になってこの体力って嬉しいっす!

そして、そのアラフォーについて・・・。

アラフォーのCDをレンタルしちゃいました。
なかなか懐かしい曲が入ってます。文字って"サマフォー"っていう夏の曲ばっかりあつめた懐メロのCDも借りちゃいました。
結構、自分前後の年齢の人には懐かしいCDです!ぜひTSUTAYAかどっかで借りてみてください。


最近のお気に入りを・・・久々ですね(笑)


アーティスト: いきものがかり
タイトル(シングル): ホタルノヒカリ、 ふたり
タイトル(アルバム): My song Your song


↑ これはお薦めします!
要は、"いきものがかり"がいいってことですね、はい。歌詞も楽曲もいいです。聴いてる人の方が多いとは思いますが・・・。
アルバムの中では、特に"かげぼうし"(何曲目かはランダムで聴いてるから忘れた・・・)が好きです。


そして、これもお薦めです。


アーティスト: コブクロ
タイトル(シングル): Stay


↑ おなじみコブクロの最新曲です。
なんであんなに声が合うのか・・・見事な1曲ですね。今までの曲のどれも良いものばかりですけど、今回の曲も見事です。1回聴いただけで気に入っちゃいました!


ということで、今日は久々に"お薦めの曲"をお送りしました!(笑)


では、また次回もいろんなテーマで書きたいと思います・・・。

2009年07月23日

過去ブログ・・・。

最初に・・・、

このブログと並行して、携帯でも見れるようにしてみました―。

この、いつもお世話になってるaspotaでは、今のところPCのみで見れますが、ここと同時に携帯で見ることができるようにしてみました。ぜひこちらもよろしくお願いします!
ちなみに内容はこことまったく同じです。

今日、過去のブログを読み返していました。結構続いてますね・・・考えたらもう6年ぐらいやってるんですもんね~。

「海外にいる間だけやってみようかなぁ~」なんていう安易な考えだったのが、今では日本でもいろいろと考えていることや全然関係ないことでも書いていますもんね・・・(笑)

中には、自分が海外で書いていた内容を"海外情報"として捉えてくれている人もいたようで、ホント嬉しく思います。ありがとうございます! やっててよかった・・・ってホント思います。
そんなふうに考えてくれている人がいたなんて思ってなかったし、自分の考えがほぼ中心にあったので・・・。
本音を言えば、もっと海外の情報を伝えたかったし、(選手として)残っていたかった・・・とはいえ、自分の中での"気持ち"が最優先となって、あの時点で終了となりました。

ま、今度行くときは"指導者"として・・・でしょうね、たぶん。
もしくは・・・・・・"プライベート旅行"ですね。これが一番確率が高いでしょうね・・・普通に考えれば。

Franceの携帯(プリペイド式)もまだあるし、今後必ず行こうと決めています。
友人との久々の再会もしたいし、自分のいた街をプライベートで再度行ってみたい・・・また違った形で見えるかもしれないしね。

いつ行くかは未定だけど、必ず友人(親友のペイスは特に!)連絡を取って、いろいろと出掛けたいです!オレは34で彼も33歳・・・出会ったのは2人とも20代(オレが26歳で彼は25歳)だったけど、もうお互いいいおっさんだもんなぁ(・・・笑)

う~ん・・・懐かしい話になっちゃいました。

過去のブログを読んでると、当時の景色がはっきりと蘇ってきます。
そんなこんなで、こんな内容になっちゃいました!


ということで、今日はこのへんで・・・。


PS: 携帯で見れるURLも一応伝えておきますね。
    http://blue.ap.teacup.com/yutavolley/

2009年07月25日

たまには・・・。

今日(もう昨日・・・か)の埼玉県の天気はメチャクチャでした―。
しかも最近の自分は、ちょっと"夏カゼ"気味です・・・。


晴れかと思えば曇って、突然雨が降り出して、しかも徐々に豪雨になって・・・そしてカラッと晴れて曇って、また雨・・・みたいな。
こんな感じで、いったい今日の天気はどう表現したらいいのか、まったくわからないほどでした。
地方によっては、とんでもないことになっているようですが、無事に豪雨が去ってくれることを願ってます。

バレーの話にしてみましょう・・・たまにはね(笑)


今月末から、ワールドグランプリ(WG)が開幕します。女子の大会ですが・・・。

オリンピック終了後、監督も柳本さんから真鍋さんへ、そしてチームの核でもあった高橋選手が引退したことで、新たな選手が登場してきています。実際、知らない選手も多くいます。
チーム的には楽しみなんですが、どうしても自分はセッターに目がいってしまいます。

結果に拘ってほしいっていうのは男子同様・・・でも、その中で新しいセッター(できれば大型選手)を育成してほしいという考えもあります。
世界と戦う上で、どうしても"ウィークポイント"になってしまうからです。これは今までも述べてきていますが・・・。

世界では、今まで以上に大型化してきているし、日本もメダルを狙うためには、速さだけを追求するだけでは限界があると思います。

パワーヒッターも必要だろうし、強打や軟打の使いわけができる器用な(ユニバーサル)選手が育ってくれると、世界とも面白い戦いができるんじゃないかって思います。


あとは、『セッターが全てトスを1mぐらいネットから離す』・・・これは、アタッカーの打ち分ける角度と、相手ブロックの前へ出てくることを考えて・・・のことです。


そして、これは自分だけが思ってることかもしれないけど・・・『大型のリベロを起用』。

べつに190cmとかは必要ないとは思いますが、170~175cmぐらいの選手がいいかなぁって思います。これは、単純に"守備範囲"による考えです。

たとえば170cmの選手と160cmの選手だったら、同時に手足の長さは差があります。当然、170cmの選手の方が長いですよね。
世界のアタッカーが打ってくるサーブやアタックは、女子とはいえホントにスピードがあります。
そのボールの速さに対応するのに、小さな選手がボールの正面に入るまでの時間は、"読み"は例外として、限度があると思います。
動かなくてもボールに届くような大型選手であれば、動き回る選手に比べて疲れないし、ミスも少なくなると思うんです・・・。

たしかに小さな選手が一生懸命動き回ってボールに食らいつくっていうプレーには、感動させられますが、相手に勝つということを考えると、やっぱりスタミナやコートを狭くみせる心理的な部分も必要なんじゃないかって思うんです。

ネット上の細かいプレーは日本は器用だし巧いと思います。
だからサーブレシーブが多少崩れても、ブロックアウトを狙う技術はあると思います。または、ブロックを利用してリバウンドをもらうことだってできると思います(もちろん完璧に返せれば文句ないんですけど・・・)。
そのリバウンド・ボールを丁寧にセッターへ返して、そこからバックアタックを絡めた速い攻撃で仕掛けていったら、攻撃的にも面白い展開になるとは思うんですけどね・・・。


ま、これらはあくまでも自分の個人的な考えではありますけど・・・。


とにかく自分の考えでは、"セッターとリベロの大型化"が、今後世界と戦う上では必要なんじゃないかって思います。
そして"パワーアタッカー"ってことですね。

べつにセンターがライトへ流れるブロード攻撃は、そこまで多くなくていいと思います。むしろ、クイック攻撃を多く使っていくことも必要だと思います。
また、『ブロックの徹底』を図ったほうがいいと思います。そうすれば"ディフェンスとの関係"もよくなると思います。


以上、現在自分の考えているバレー論でした(笑)


皆さんがどう思われるかはわかりませんが、こういうふうに考えながらバレーを観戦していくと、また違った見方ができると思います。
ただそれだけです・・・(苦笑)

ということで、今日はこのへんで。

Calendar

2009年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
http://www.gsa.or.jp/jp/index.shtml

http://acpro.jp/

http://bluetag.jp/contents/