« 友人の大切さ・・・。 | メイン | 現役引退・・・そして共感。 »

指導者のありかた。

今日は埼玉県のある地域で行われた小学生のバレー大会へ行ってきました。
小学生バレーの大会って今まで行ったことがなくて、ちょっぴり楽しみにしてました。

予想以上に、会場ではユニホーム姿のかわいい小学生プレーヤーでいっぱいでした。その親御さんも多く、バレーボールもまだまだ人口は多いんだということを再確認しました。
試合でポイントを取った子の喜ぶ顔はいつ見てもいいものです。跳ね上がって喜ぶ姿なんかは、いつまでも失ってほしくないと思いました。

ですが!

そんな希望ある子供たちに対し、その指導者のレベルというか態度というか・・・唖然としてしまいました。
ここに書き出したらキリがないぐらい・・・。

はっきりいって、自分だって完璧な指導者ではないし、FIVBの資格を取っているとはいえ、まだまだ勉強中の身です。

それでも・・・そこで一生懸命になってやっている子供たちがホントにかわいそうでなりませんでした。

例えば・・・、
「とりあえずサーブは入れればいい」・・・そんな指示ってありますか?
「動け、足を動かせ!」、「声を出せ!」・・・これで通じますか?

これらのすべては、間違いなく普段の練習から来るものですけど、それを試合中になって言ったって、小学生がそんな簡単に対応できるものじゃないものばかりです。
普段から、あらゆる場面を想定して、工夫した指導が必要になってくるはずです。

指導者の思うようにならないからって、怒って厳しく指導する"やらせるバレー"から早く卒業してもらいたいものです。指導者が思うような展開なんてなるわけないんだから・・・どのレベル(子供〜大人)でも。

PS:今日、以前勤務していた中学校の教え子のお母さんたち何人かに、会場で久〜しぶりにお会いして、お話させてもらいました。そういうのも大会の楽しみの1つですね! またお願いしま〜す!