« 場慣れ・・・。 | メイン | 新潟へ・・・。 »

DELFINO旋風!?

選手全員が欲しかった勝ち星が1つ記録されました。
Vリーグ初参戦でここまで2試合、どこまでこのチームが通用するのか・・・これが1つのポイントでした。みんなで心から喜べた1勝だったと思います。
チームの中での課題はいろいろありましたが、それらは練習の中で克服していくことで、試合ではとにかく結果(勝利)に拘ることが最優先です。自分が試合に出たかどうか、個人の決定率がどれぐらい・・・それよりもまず結果。個人の内容は最後の最後で気にすることですからね。
とりあえず、みんな喜びながらもホッとしてた感じがしました。
この日の勝因は、(取れたセットに関して)”試合の中盤”だったと個人的には思っています。
どのチームにも言えることだと思いますが、序盤のスタートダッシュに成功すると、中盤から終盤にかけて気が抜けることがよくありますが、この日はそれが少なく、常に良い展開で回っていました。

翌日のつくばユナイテッドとの試合は、昨日の試合とは真逆・・・完敗でした。若くて高くて勢いがあって・・・。一方デルフィーノはというと、正反対で声がなくなり足が止まるといった一番やってはいけない方向へ進んでしまいました。”声をかける”だけで修正できる部分はいくつかありました。リーグ期間中に、いったいどこまで詰めていけるか・・・今後の”一番簡単で難しい課題”です。
Bカット(セッター移動してしまうけどクイックは使える状態)からの展開は、つくばのブロックに完全に止められてしまいました。どんな場合も単調にだけはならないように・・・。

あとはやっぱり国内大会でも国際大会でも同じですが、”サーブ力”が勝敗を分けます。
強く打てるチームの勝率は高いものがあります。
“ジャンプサーブ”を打つ選手は特にポイントを取るぐらい思い切って打つべきだと思います。絶対にミスを恐れないこと、これは最低条件です(自分に対しての戒めでもあります)。
“ジャンプフローター”の場合は、まず崩す、そしてタイミングをずらして攻撃の芽を1つでも潰す(特にクイックを使えない状況へ追い込む)・・・ということが課題になると思います。そうすればブロックの決定本数も効果率も自然と上がってくるはずです。
“つなぎ”に関しては、ほぼ声で克服できそうです。
二段トスは、せめてバックアタックへは確実に上げられるようにしておくことだと思います。

PS:皆さんご存知の山口誠くん(まこっちゃん)がつくばユナイテッドの監督へ! デンマークから帰国して久しぶりの再会でした(2年以上ぶり!)。

PPS:今週(26・27日)は新潟県の長岡市北部体育館が会場となります。近隣の方々、会場で”挑戦者・阪神デルフィーノ”に熱い応援をお願いします!